本文へ
グローバルメニューへ
本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

メカニカルシステム科

訓練の概要(訓練により習得できる技能)、受講条件、訓練に関連する主な職種と仕事内容、任意に取得できる資格等をご案内します。

訓練の概要(訓練により習得できる技能)

訓練全体の仕上がり像

機械設計・機械設備に必要な専門知識(設計手法や機械加工、設備保全、制御など)を身につけ、応用課題でその技能を活用することにより、実践力を養うとともに、 グループワークで課題に取り組むことで、仕事の管理能力や協調性、問題解決力を身につけることを目標とします。

訓練の内容

機械設備を対象として設計・加工、組立・調整、検証・保全等機械設備のライフサイクルにおける一連の流れ、各工程における技術要素の理解、着眼点のポイント 等の幅広い知識・技能を習得します。

訓練到達水準

訓練によって習得する具体的な内容を以下に整理しました。 一つの目安として参考にしてください。

機械製図と2次元CAD
機械製図と2次元CAD

2次元CADを使って図面の読み方、書き方を学びます。

旋盤及びNC旋盤作業
旋盤及びNC旋盤作業

旋盤、NC旋盤を使用した金属の切削方法を学びます。

フライス盤及びマシニングセンタ
フライス盤及びマシニングセンタ

フライス盤、マシニングセンタを使用した金属の切削方法を学びます。

機械保全
機械保全

機械設備の組立調整及び保全に関する技術を学びます。

PC制御
PC制御

機械設備を自動的に動かすための電気制御について学びます。

3次元CAD基本
3次元CAD基本

機械設計業務に沿った3次元CADの活用法を学びます。

総合課題実習
総合課題実習

機械装置(駆動テーブル)を題材として、製品開発の一連の作業を体験します。装置が正常に動作するまでの作業をグループで行い、これまで学んだ知識・技術を集大成します。

受講をご希望の方々へ

機械設計・機械設備(ものづくりに関する製造業全般)に関連する業種に再就職を目指す方。ものづくり関連職種に就職を目指し、 就職意欲のある方に向いています。

※各項目は、それぞれ1ヶ月程を要します。 また、カリキュラムは、状況により前後したり、期間が変更になることもあります。
※これ以外にコミュニケーション、プレゼンテーションに関するカリキュラムを実施します。

受講条件

過去の経験の必要性

不要

各訓練科共通条件

各公共職業安定所(ハローワーク)に求職の申し込みをされている方又はこれから申し込みをされる方で、次の要件をすべて満たす方です。

(1)訓練に関する職種への就職を希望している。
(2)訓練を受講することに熱意を有する。
(3)訓練の内容を理解するために必要な基礎学力を有する。
(4)訓練受講・修了に支障がない。(健康状態や受講態度等)
(5)公共職業安定所長の受講指示又は受講推薦が得られる。

(原則として、受講開始日から遡って1年以内に公共職業訓練を受講していない方。)
※受講希望者が多数の場合、上記の条件を満たしていても受講できないことがあります。

訓練に関連する主な職種と仕事内容

  • 機械設計技術者
  • 設備保全エンジニア
  • 技術営業
  • カスタマーエンジニア

など

任意に取得できる資格

訓練期間中に習得した知識と技能を活かして個人が任意に取得可能な資格の一例(受験資格等の詳細につきましては、各実施機関へお問い合わせください)です。

CADトレース技能審査<初級>(中央職業能力開発協会)

CAD利用技術者試験(一般社団法人 コンピュータソフトウェア協会)

機械設計技術者試験(社団法人 日本機械設計工業会)

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る