【開催予定日(コース番号・日程)】
E0731 2017年08月03日(木)〜08月04日(金)
E0732 2017年11月16日(木)〜11月17日(金)
ESZ11 2018年01月24日(水)〜01月25日(木)
※ESZ11はポリテクセンター静岡にて実施
【受講料】
25,000円
【定員】
12名
コースイメージ画像  <!--Section_002-->   <!--Section_003-->
 
1.コースの概要
 IoT(The Internet of Things)は、ビッグデータ処理、クラウドコンピューティングと密接な係わりがあり、しっかりと理解するには、センシング、データ収集/加工/解析、ネットワークを介した指示など幅広い知識が必要です。本コースはシングルボードコンピュータとデータ収集、クラウドへのデータ転送、クラウド上のデータ加工の実習を通じて小規模のIoTシステム構築のノウハウを習得できます。

2.使用機器等
 ハードウエア:RaspberryPi2、各種センサ、ソフトウェア:RTミドルウエア

3.担当予定講師
 有限会社ウィン電子工業 片見 剛人、国立研究開発法人産業技術総合研究所 関山 守(両者の共同開発の「なんでもデータ採集システム」が日経の“みんなのラズパイコンテスト”にて入賞。)

4.ご受講に際して
 1日の開講時間は、10:00〜16:45(昼休憩45分)の6時間 (計12時間) となります。

5.関連コース
コースマップをご覧ください.

6.その他
【前提知識】Linuxの基本操作

7.カリキュラム概要※
教科項目 教科細目 時間
1.IoTの概要 (1)IoTとは (2)スマートコミュニティ (3)IoTサービス 1.0H
2.センサデータの収集 (1)センサによるデータ取得 (2)センサの選択 (3)インターフェースの選択 (4)コントローラの選択 1.0H
3.ラズベリーパイによるデータ収集実習 (1)I2Cインターフェースセンサー   イ.温湿度センサー   ロ.大気圧センサー   ハ.加速度センサー (2)1−Wireインターフェースセンサー   イ.温度センサー (3)UARTインターフェースセンサー   イ.GPSセンサー 3.0H
4.RTコンポーネント (1)RTコンポーネントとは (2)RTコンポーネントプログラミング (3)RTコンポーネントを使ったデータ収集 3.0H
5.IoTにおけるネットワーク活用 (1)IoTサービスが扱うデータ量 (2)サーバの利用 (3)クラウドの利用 1.0H
6.クラウドを活用したデータ処理実習 (1)Google Driveの活用 (2)収集データの可視化 2.0H
7.まとめ (1)まとめ 1.0H

※お申し込み頂く際の目安です。詳細等のご質問は下のお問い合わせまでお願いします。
 また、都合により予告無く内容が変更になる場合がございますので、予めご了承ください。