本文へ
グローバルメニューへ
本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

能力開発セミナー

コース番号 E0321 計測制御におけるTCP/IPソケットI/F通信プログラミング 受付中

訓練日程
9/5(水)〜9/7(金)
実施時間帯
10:00〜16:45  (昼休憩45分)
総訓練時間
18時間
受講料
26,000円
定員
12名
対象者
〜パソコンにRTOSを搭載しネットワークを利用した計測制御プログラミング技法が学べます〜
FA用アプリケーション開発に携わる方  【前提知識】C言語プログラミングの基礎知識

≪訓練内容の概要≫
 TCP/IPプロトコルを使用したネットワーク管理コマンドの使用法とソケットインターフェースを利用したプログラミング技法が習得できます。リアルタイムOSとWindowsのプログラミング方法によりTCP/IP通信のリアルタイム性能を比較確認します。TCP/IPを使った三菱シーケンサとの通信方法も確認します。
訓練内容
使用するプログラム

1.リアルタイムOS配下のネットワーク概要
(1)LANの必要性、LANの利用方法

2.TCP/IPの機能
(1)TCP/IPの機能と構造
(2)IP,ICMP,ARP,RARP
(3)TCP/UDP
(4)Socket Layer

3.ネットワークの各種APの利用方法
(1)FTPの概要と操作

4.プログラム実習1
(1)TCP例題(1:1)による理解
(2)ソケットインターフェースについて
(3)TCPクライアント・サーバ方式
(4)例題の作成

5.プログラム実習2
(1)TCPクライアント・サーバ方式(1:N)
(2)UDPクライアント・サーバ方式(1:N)
(3)ソフトウェアPLCとの通信実習デモ

6.プログラム実習3
(1)VCによるソケットI/F関数利用方法解説と確認
(2)TCP通信実用例
(3)エコーサーバによるTCP/IP通信のリアルタイム性能確認

7.まとめ
(1)実習の全体的な講評および確認・評価

≪担当予定講師≫
 (株)マイクロネット 開発センター 小柳 正久

使用機器・教材
三菱シーケンサ、リアルタイムOS
(INtime)、Visual C/C#
持参品・服装
 
 
実施場所
高度ポリテクセンター
備考
関連コース
受講者の声
  • これから組込みソフトの仕事などがあった時、今回の講習を基に仕事をしていけると思った。
  • TCP/IPのプログラムを作成できる知識が身に付いたと思った。
  • 何となく知っていたsocket、bindなどが理解できた。
  • お客様のLAN回線を使用して、カメラ(画像データ)、音声データをパケットごとに送受信して利用するシステムに関わっており、非常に勉強になりました。
ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る