本文へ
グローバルメニューへ
本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

能力開発セミナー

コース番号 C0332 設計に活かす!3次元CAD活用術 (構想設計からのアセンブリ編)【SolidWorks】

訓練日程
10/18(金),19(土)
実施時間帯
10:00〜16:45 (昼休憩45分)
総訓練時間
12時間
受講料
20,000円
定員
12名
対象者
〜構想設計からアセンブリを活用する方法を習得しよう!〜
「設計に活かす!3次元CAD活用術(ソリッド編)」を受講された方、または3次元CADをお使いの方

≪訓練内容の概要≫
設計業務において3次元CADを活用した検証作業はうまくいっているでしょうか、手戻りが多く困ってはいませんか?もし、うまくいってなければ、会社で実施しているアセンブリ手法が業務にあってないかもしれません。検証作業を効率的に進めるには、各種アセンブリ手法の特徴を把握し業務に適した手法を使うことが重要です。また、手戻りを少なくするためには設計業務の上流工程である構想設計段階から3次元CADを活用し設計変更に強いアセンブリを構築することが求められます。本講座では、設計業務を効率的に進めるためのアセンブリの活用方法について実習を通して習得します。

※オペレーションを目的としたセミナーではありません。
訓練内容
実習課題の一例

1.構想設計の概要
(1)設計の流れ
(2)構想設計のプロセス
(3)2次元構想設計と3次元構想設計
(4)構想設計から部品への展開

2.アセンブリ各種手法の特徴
(1)ボトムアップ手法
(2)トップダウン手法
(3)レイアウトパーツ手法

3.検証作業
(1)アセンブリ機能を活用した検証方法(干渉チェック、重心チェック)
(2)図面を活用した検証方法
(3)実習問題(ボトムアップアセンブリ)
(4)実習問題(トップダウンアセンブリ)

4.データ管理
(1)データ管理の必要性
(2)ツールを利用したデータ管理

5.まとめ
(1)質疑応答、訓練コースのまとめ

≪担当予定講師≫
3Doors(株) 代表 高橋 和樹

使用機器・教材
SolidWorks2015
持参品・服装
実施場所
高度ポリテクセンター
備考

関連コース

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る