本文へ
グローバルメニューへ
本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

能力開発セミナー

コース番号 E0211 Linuxによる組込みシステム開発 *平成30年度「組込みLinuxシステム開発技術」と同等の内容です。

訓練日程
12/4(水),5(木),6(金)
実施時間帯
10:00〜16:45 (昼休憩45分)
総訓練時間
18時間
受講料
28,500円
消費税率の改定により、受講料が変更となりました。
定員
12名
対象者
〜開発環境の構築からシステム開発を始める際のノウハウが習得できます〜
Linuxによる組込みシステム構築技術を習得したい方
【前提知識】C言語プログラミング経験、Linuxの基本的なコマンド操作

≪訓練内容の概要≫
組込みLinuxにおける開発環境構築や開発には、幅広い知識が必要になります。本コースではRaspberry Piによる実習を通して、システム開発を行っていく上で必要な専門知識とノウハウが習得できます。
訓練内容
ターゲットボード

1.組込みLinuxの開発について
(1)組込みLinuxによるシステム開発の概要
(2)組込みターゲットボードについて

2.開発環境の構築
(1)開発マシンの構築と各種サーバの設定
(2)ターゲットボードのユーザーランド書き込み
(3)クロスコンパイラ環境の構築
(4)カーネルの再構築とFlashROMへの書き込み

3.Linuxシステムコール実習
(1)Linuxシステムコール

4.Linuxデバイスドライバ
(1)モジュール
(2)キャラクター型デバイス
(3)ユーザ空間とカーネル空間
(4)メモリの割り当て
(5)GPIOドライバ

5.まとめ
(1)実習の全体的な講評および確認・評価

≪担当予定講師≫
 設計アナリスト 鳥海 佳孝(日本電気(株)、エクセレント・デザイン(株)を経て独立。LSI/FPGA、組込みLinuxの設計開発・コンサルティングの業務を展開、各種技術セミナーの講師を務める)

使用機器・教材
ハードウェア:Raspberry Pi ソフトウェア:Linux(Raspbian)
持参品・服装
実施場所
高度ポリテクセンター
備考
消費税率の改定により、受講料が変更となりました。
ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る