本文へ
グローバルメニューへ
本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

能力開発セミナー

コース番号 E0741 組込みLinuxによる軽量データベース活用技術【SQLite】 

訓練日程
11/28(木),29(金)
実施時間帯
10:00〜16:45 (昼休憩45分)
総訓練時間
12時間
受講料
21,500円
定員
12名
対象者
〜組込みシステムに最適なデータベースシステムの構築、利用技術が学べます〜
組込みシステムでデータベースを活用したアプリケーションを検討している方
【前提知識】C言語プログラミング経験、Linuxの基礎知識

≪訓練内容の概要≫
IoTやM2Mが様々な分野で使用されるようになり、大量のデータを効率良く使用するためにはデータベースの技術が必要不可欠です。本コースでは組込みLinuxの中にデータベースを組み込み、利用する方法を学ぶコースです。実際の組込みLinuxボードを使用して組込みデータベースの設計方法やデータベースを利用したプログラムの開発・設計手法が習得できます。
訓練内容
SQLiteによるデータベース構築実習の様子

1.組込みDBの概要

2.開発環境
(1)仮想化環境の構築
(2)クロスコンパイル

3.SQLiteの概要
(1)リレーショナルデータベース
(2)SQLiteの特徴
(3)SQLiteインストール

4.DBプログラム
(1)出退データベース作成
(2)制約付加、サブクエリー
(3)結合、トランザクション他

5.組込みLinuxでの利用
(1)ターゲットボードへのインストール
(2)C言語によるSQLiteライブラリプログラミング
(3)SQLインジェクション対策
(4)実用サンプルプログラム作成

6.DBの正規化

7.デバッグ技法

8.まとめ

≪担当予定講師≫
シリコンリナックス(株) 代表取締役 海老原 祐太郎(数多くの組込みLinuxによるシステム開発をされております。またLinux関連の技術誌に記事を執筆されております)



使用機器・教材
ハードウエア:組込みLinuxボード、ソフトウェア:Linux(Kernel 2.6.35)、軽量DB(SQLite)
持参品・服装
 

 
実施場所
高度ポリテクセンター
備考
ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る